2006年07月10日

似ていることのコメディノロジー

「似ている」ことは、オモシロイ。
無条件に笑いが込み上げてくることが多い。
それは、無意識の笑いのツボを押すからだと思う。


ポーランドで、双子の兄弟が、
大統領と首相という政権の中枢を独占することとなった。
弟が大統領。兄が首相。
それほど似ているかは知らないが、
かなり似ているとしたら、かなり紛らわしいに違いない。
知らない間に入れ替わったりもできるのではないか?



スタンリー・キューブリック監督の
『シャイニング』(原作:スティーブン・キング)に
登場する双子の少女の亡霊が、
写真家ダイアン・アーバスが撮った双子の少女のイメージに
オマージュを捧げているように、
双子には何かあるのだ。

双子には似合わない職業を考えてみると、
少なくない妙なコメディの手がかりが得られるような気がする。

双子の シンクロナイズド選手
双子の ゲイバー  
双子の ラーメン屋
双子の 赤帽さん
双子の 左大臣と右大臣


今日は、このあたりで


続きは、後日。。。


by 須田泰成  公式サイト


link 日本スローコメディ協会

By Yasunari Suda:2006年07月10日 21:07

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yasunarisuda.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/91

コメント




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

須田泰成/コメディノロジー研究室・代表+コメディ・ライター&プロデューサー。

現代を生きるには、現実をコメディとして認識する能力が欠かせないという信念から、 コメディノロジー=comedynology を発想+その体系化をライフワークとする活動開始。 並行して、コメディ製作会社(有)大日本生ゲノムを率い、各種コンテンツ製作、 コメディ・スクール&バー経営などに励む。 CGギャグ番組『Yellow Subliminal』が、「モンティ・パイソン」や「Mr.BEAN」を 有名にしたスイスのコンペROSE D'OR の2005 Social Awareness Award にノミネート。 著書に『モンティ・パイソン大全』(洋泉社)など。コメディ脚本・映像など多数。詳しくは、大日本生ゲノム公式ホームページ須田泰成・公式サイトにて公開中。コメディとコミュニティをテーマにしたネット放送経堂にも後先よく考えずに着手。